潰瘍性大腸炎日記

潰瘍性大腸炎(UC)日記


私が潰瘍性大腸炎と診断されてからの日記です。

この情報が何かのお役に立てれば良いかなと思っています。


11

 2011年、特別何の異常もなく新年を迎えることが出来、少しはアルコールも飲めるようになっています。このまま調子の良い状態が続くことを願って、食べたい時は食べて、セーブするときはちゃんとセーブしてうまくやっているつもりです。定期的な検診も異常なく普通の生活を堪能していました。

が…

 2月入ってくらいに一度おなかの調子が、ちょっと下痢?でもその時だけで気にしていませんでした。トレージングジムも辞めて半年になり、そろそろ体も動かしたかったので、デニスの無料体験スクールや友達と体を動かしに出かけたりしていました。

3月後半になるとやはり少し様子が変です。また、血便です。定期検診で採血だけでなく、急きょ内視鏡をすることになりました。再燃期だということです。と、どうなるのか不安になりました。

先生はペンタサの量を増やすということでした。今までは、一日に250mgを9錠でした。これを1日に500mgを6錠に切り替えました。服用して一週間、どうも調子がおかしいので早めに病院に行きました。

先生が言われるには、やっぱりペンタサがあまりあわないということです。又、あのステロイドの薬プレドニンを服用することになりました。入院もすすめられましたが、あの退屈な入院生活は嫌だったので自宅療養することにしました。家での家事や普通の生活は出来ると思っていたからです。

それから1週間後の検診ではあまり効果がなかったのです。、このままプレドニンを飲み続けることになりました。次は、2週間後の検診です。

ちょうどゴールデンウィークも重なっていたので、実家に帰ったり、ちょっと出かけたりと動き回っていました。もちろん食べる物も、多少気分的にゆるくなってきて、いろいろ食べていました。生物だけは食べないようにしていました。ゆっくりするつもりが、動き回っていたので多少体も疲れた週になってしまいました。

 検診の日、結局薬の効果があんまり見られませんでした。特別に2週間の生活が体調に響いたわけではなさそうでした。効果がないということで、プレドネマ注腸という薬を追加です。薬が増えていくのは不安なります。薬がどれも効かなくなることはあるのだろうか、このまま良くならなかったらどうなるんだろうとか、悪くなって腸を切ったり…いろんなことが頭をよぎります。


1 UCになってしまった 1
2 UCになってしまった 2
3 入院 1
4 入院 2
5 入院 3
6 入院 4
7 退院です
8 退院後の食事
9 胃カメラ
10 9月に又入院
11 2011年を迎えて
12 再燃期
13 セカンドオピニオン
14 LCAP
15 骨髄液の検査
16 ITPになってしまった
17 検査入院 1回目
18 検査入院 2回目
19 検査入院後→手術迄
20 脾臓摘出の為入院
21 手術の日1
22 手術の日2
23 術後…
24 今年も特定疾患の更新
工藤工務店TOP
Copyright(C) All Rights Reserved