潰瘍性大腸炎日記

潰瘍性大腸炎(UC)日記


私が潰瘍性大腸炎と診断されてからの日記です。

この情報が何かのお役に立てれば良いかなと思っています。


6

 入院3日目の採血で体調も良いということで、お粥から普通の白米になりました。普通のご飯はやっぱりいいですよね。お風呂にも入ってよいということで、気持ちてきにも楽になりました。

3日ぶりのお風呂にで、大きな湯船に気持ち良くつかれるので15分くらい入ったのですが、湯船から出たとたんにすごい脱力感を感じたんです。それから部屋までクラクラしながら戻ってベッドで寝てしばらく起きれませんた。体力が落ちていることを実感して、少し落ち込みました。でも、ちゃんと食事して、薬も飲んで…

いったい何時になったら元気になるのでしょうか?

 落ちた体力に病人であることを実感した3日後に採血です。炎症はまだ正常値ではありませんでしたが、本日より、ペンタサを服用し始めました。まずは半錠からです。2日飲んで、次は1錠ここでまた採血です。ペンタサは2日おきに増えて、最終的には9錠になります。血液検査の結果も正常になってくると退院の話も出てきました。

入院4日目にはリハビリも始めました。リハビリは股関節強化の動きを一つずつ習いました。リハビリを自宅で出来るやり方も習いました。体を動かすのが好きな私には元気になれる一つです。リハビリは今飲んでる薬のプレドニンがなくなるまで続けます。

 食事も規制があるので、栄養士の先生に色々指導を受けました。食物繊維は腸管を刺激し、炎症が修復されにくいので避けます。脂肪(脂肪の多い肉類、油料理等)、カフェイン、アルコール類、脂肪を多く含む菓子類(チョコレート、生クリーム等)は下痢ん悪化させることがあります。タンパク源は魚を中心に肉類を控えめにします。水溶性の食物繊維(バナナ、リンゴ、桃等)は寛解期には有効な場合もあります。

ということで、自分ねの食べたい物から質問していきました。結局食べたいものは、あぶらっこい肉類、アルコール、ケーキ類…避けたほうがいい物ばかりです。なのである程度良くならないと食べれない!ということです。これからの薬治療で寛解期まで頑張るしかないんです。

お医者さんの言う“適度なお酒の量”っていったいどれくらいのなのでしょうか…

そして、二週間で退院することになりました。



1 UCになってしまった 1
2 UCになってしまった 2
3 入院 1
4 入院 2
5 入院 3
6 入院 4
7 退院です
8 退院後の食事
9 胃カメラ
10 9月に又入院
11 2011年を迎えて
12 再燃期
13 セカンドオピニオン
14 LCAP
15 骨髄液の検査
16 ITPになってしまった
17 検査入院 1回目
18 検査入院 2回目
19 検査入院後→手術迄
20 脾臓摘出の為入院
21 手術の日1
22 手術の日2
23 術後…
24 今年も特定疾患の更新
工藤工務店TOP
Copyright(C) All Rights Reserved