潰瘍性大腸炎日記

潰瘍性大腸炎(UC)日記


私が潰瘍性大腸炎と診断されてからの日記です。

この情報が何かのお役に立てれば良いかなと思っています。


8

 普通に考えれば、食事は無理があったのでしょう。まず糖分を多くとりすぎたと思うので、間食をやめることにします。御飯もお腹いっぱい食べてたので減らします。これでやってみることにします。

仕事はとりあえずは、半日にするしました。1日は1週間続けては無理そうなので半日で様子をみることにしました。1日中立ち仕事なので、きつくなったら休憩のときにゼリー的なもの等で補給していきます。

普段の食事で今までほとんど抜いてきた、肉類、繊維質の食べ物も少しは食べるようにしました。やはり魚中心の食事になりますが、元気な主人には物足りないかなと、またにはお肉を焼いたりして出します。その時に少しは食べてみたりしました。生野菜も少しは食べるようにしました。すると、いろんなものを食べ始めたせいか、便の出方もよくなってきてうれしいことにお腹がへこんできました。それから仕事も、半日でバテていたんですが、日を追うごとに慣れてきました。

糖分を摂ると元気になる!という所から多めに摂っていた甘いものも減らしました。コレステロールの数値があがるのも当然です。というか、そんなに糖分は摂取しなくても元気になれそうです。

退院して二回目の診察の日がやってきました。
今回はエコーがあるということで、朝食は抜きです。食べたいのを我慢して病院へ行きました。まず採血をして、そのままエコーの部屋へ案内されました。

今回は女性の若い先生がエコーをやってくれるみたいです。話しやすくていいと安心しました。前回、入院前ですが、子宮に水がたまっているから婦人科で詳しく検査をしたほうがいいと言われました。結局まだ行ってないのですが、そのことを言ってみました。子宮を詳しく見てもらいました。

エコー検査も終わり、先生の診察まで、待ってる間も何を聞いておこうか色々なことを考えていました。20分ぐらいで呼ばれ中に入り先生の話しを聞きます。まず採血の結果正常に戻っていました。コレステロールも正常値に戻っていました。

エコーの検査結果は、腸は異常なし。気になっている子宮は、卵巣が普通より大きいというのと、子宮筋腫の可能性があるので、一度婦人科に行った方がいいと言われました。また病院かと思うと気が重くなります。

もう一つ聞かなくてはいけないこと、最近胃が痛いことを聞いてみました。我慢できない痛さではなくたまに、胃がドーンと痛くなるのです。すると先生は、わかってたかのように、胃にも潰瘍ができてるかもしれないということで、次は胃カメラで見てみましょう。と、事務的に進めていきました。同意書も渡されました。それで次は3週間後に予約を入れました。次は胃カメラです。初めてやる検査です。

初めての検査は、いつもとても不安です。でも、一度やってしまうと慣れてくるというか、どんな事をするのかわかっているのでいいと言うか、あまり知りたくない世界ですよね〜慣れたくないですよね、絶対に…

1 UCになってしまった 1
2 UCになってしまった 2
3 入院 1
4 入院 2
5 入院 3
6 入院 4
7 退院です
8 退院後の食事
9 胃カメラ
10 9月に又入院
11 2011年を迎えて
12 再燃期
13 セカンドオピニオン
14 LCAP
15 骨髄液の検査
16 ITPになってしまった
17 検査入院 1回目
18 検査入院 2回目
19 検査入院後→手術迄
20 脾臓摘出の為入院
21 手術の日1
22 手術の日2
23 術後…
24 今年も特定疾患の更新
工藤工務店TOP
Copyright(C) All Rights Reserved